最近思っていること

とても当たり前の事なんですが、子供達は1人1人学び方が違う、という事実に毎回驚かされ、また学ばされます。多分、「先生」という立場の方なら共感していただけるとは思うのですが、どのようにすれば子供達が学び、成長できるかという事に始終思いをはせ、授業がうまくいかないと反省したり、落ち込んだり・・・。...

英語嫌いの子供がときめく魔法の英語学習 導入へ向けてパート1

「使える英語が身に付く」、英会話教室にはおなじみのキャッチフレーズですが、そもそも使える英語ってどういう事なのでしょうか? 知識(文法・単語量)が多くても、英語が使えない人は珍しくありません。例えば、スピーキング。会話をしている時に、話を振られて頭の中でいちいち文法を考えて、文章を組み立てて・・・なんて時間をかけていたら会話なんてスムーズにいきせん=「使えるレベルではない」という事。 東進ハイスクールの安河内先生は;...

Yanny or Laurel ?

あなたはどちらに聞こえますか?「ヤニ―(Yanny)」「ローレル(Laurel)」? これは去年tiwtter でツイートされて以来、バイラル化して世界中を駆け巡った聴覚トリックで、アークのフェイスブックでも紹介したトピックです。 このトリックを見る度、必ずしも私が聞いているものは、お隣さんが聞いているものとは同じとはかぎらない、という事を思い知らされます。ちなみに私にはヤ二ーと聞こえたのですが、クリストファー先生はローレルと聞こえます。...

今年の夏は1000本ノック!?

英語習得はインプットが90%!と言っても過言ではありません。「たくさん聞いてたくさん読む」そしてそれを「続けていくこと」で英語力は確実に上がります。英語を聞く・読む事が習慣になっている生徒さんは、驚くほど実力が伸びています。でも、普段は忙しくて読む時間がない、1人では続けられない、本当に効果があるのかしら・・?なんていう思いから、英語学習の要であるインプット量を増やす事がなかなかできない方も多いのではないでしょうか?...