ブログ

なぜ日本の子供達は「間違う事」に恐れを感じるのか?

 

 

 

アフリカ研究に没頭していた学生時代。その頃の私の頭の中はアフリカ一色だったような気がします。アフリカって日本とはいろんな意味で対局に位置しているような土地で、自分が持っていた常識をことごとく覆されました。

その後アフリカ以外の外国も訪れるうちに、日本の常識こそが世界の非常識なんだと思うようになりました(笑)。バスや電車が時間通りに来る事なんてほとんどないし、道を聞いても適当だし、注文した料理は出てこないし、定価なんてあってないようなものだし、日本の常識からだと間違いばかりです。だからこそ、間違いに対してとても寛容だなと思う事がしばしばありました。おっちょこちょいの私は失敗を本当にたくさんしてきました。でも、「しょうがないね、人間だから。でも同じ間違いはしないように気をつけようね。」という柔らかいクッションがあったので、失敗から楽しく学ぶ事ができました。

 

一方日本にいて感じるのは、「こうあるべき」という事がやたらと多い事です。和を保つための暗黙の合意があり、それがよい意味で機能する時は、世界でも稀に見るくらい素晴らしい国民性を発揮します。でも何らかの危機的な状況や、思いがけない厄災が発生したときに、その「こうあるべき」という暗黙の合意が、今回のコロナの件でも見られるような「自粛警察」なるものを生み出したり、多様性を排除する動きを助長したりするのかなとも思います。

 

何が言いたいかというと、英語を学習する上で、この「間違いに対して不寛容な空気」は大きな弊害になるのでは、という事です。子供達を観察していると、年齢が上がれば上がるほど、間違えに対しての恐れが大きくなる傾向があります。あんなに活発におしゃべりしていたのに、高学年になった途端、ほとんど発話しなくなったな~と思ってしまう生徒さんも少なくありません。もちろん、自我に目覚める時期、自分や他人の存在が必要以上に気になる年齢という事もあるかと思います。でもそれ以上に、間違ってはいけない、間違いはダメなこと、間違う事は恥、という一種の呪縛のようなものを感じてしまうのです。

でも言葉は間違いながら習得するもの!使って、直して、使って、覚える。この繰り返し。もちろんスペルなど明らかに「正解・不正解」で判断できる事もありますが、いろんな言語がミックスされ、日々進化(変化?)している英語はスペルや文法、発音の仕方も国によって違うし、例外だらけなのが英語の特徴なのです。

 

この「間違いに対する異常なまでの恐れ」はどのように作られるのか、理由はいくつかあると思いますが、その一つは、大学受験を核とする日本の教育システムではないかとも思います。日本の一般的な教育は、「正解・不正解」を判別する能力を育成する傾向にあるなと、テストの内容を見ていると感じています。例えば、英語だけでなくすべての記述式テストにおいて書き間違えというのは致命的です。漢字を間違えるのもひらがなを書き間違えるのも全部✖になってしまいます。文法、出題の意図には合っているのに一か所スベルミスがあるだけで×になります。完璧でないと減点になってしまう、こういったマインドセットがゆっくりじっくり「正・誤」という二元的な思考を作り上げていくような気がしてなりません。このように世の中を「正・誤」という二元的な思考で見てしまうと、間違いを成長の過程として楽しむ余裕がなくなってしまうと思うし、すべての事に対して正しい答えがあるはず、という妄想を育んでしまうようにも思います。

 

このような二元的な価値観が蔓延していると、完璧でないと英語を発話したくない、という気持ちになるのもしょうがないのかもしれません。英会話の先生は、「どんどん間違いながら英語を学習しましょう」というメッセージを発信するのですが、一方学校からは「一つでも間違ったら減点しますよ」というまったく違うメッセージを植え付けられます。「みんな違ってみんないい」というメッセージと並行して、「人と違う事をしたら、内申点で減点された」という事もしばしば。ダブルスタンダードの狭間で子供達も混乱してしまいますよね。

 

ちなみにアークアカデミーは英語の多読を強くお勧めしていますが、多読が良いと思う一つの理由は、分からない単語はあまり気にせず、文脈から意味を読み取る訓練ができるからです。一般に、学校の国語授業では行われるのは精読です。1つ1つの文を事細かに分析し、正しく理解する事を重要とします。でも一つ一つの単語に囚われすぎると、全体が見えなくなってきます。コミュニケーションにおいても間違いに気を囚われすぎると、その本質がつかめなくなってきます。会話の途中で知らない単語が出てくると、その途端頭が真っ白になって、会話についていけなくなる人も多いと思います。文脈(相手の表情、タイミング、声のトーンなど、言葉以外の事も含みます)から細部を察する力は、コミュニケーションにおいて、とても重要な技術なのです。

 

「人前で間違いたくない」という恐怖観念は、文化によって形成されている場合が多いと思うので、「日本」という価値観を絶対視せず、自分達の持っているものの見方や考え方のバイアス(偏見)を少しづつ取り除いていければ、もっと気楽に英語学習を楽しめるのではないかと思います。

英語発音の上達のコツ

 

 

今年もBAIKA英語暗唱大会に、数名の生徒さんが参加してくれます!

この暗唱大会後は、生徒さんのモチベーションもアップするし、何より英語の発音がとてもきれいになっているように思います。客観的に自分の発音を聞いて矯正するいい機会になっているようです。

 

日本の英語教育は、まだ残念ながら「カタカナ英語」と「和訳英語」が刷り込まれるように思います。特に「カタカナ英語」に関しては、1度洗脳(?!)されてしまうと、それを修正するのは本当に大変です。年齢が上がれば上がるほど、素直に英語を聞いてそのまま発音する、という事ができなくなってきます。なぜ正しい発音が身に付かないのか、いろんな理由があると思いますが、その理由の1つは文字に引っ張られてしまい、思い込みで発音している場合が非常に多いからだと思います。

ネイティブの子供が発音を身に付けていく順番は:

たくさん聞く→耳が育つ→発音できるようになる

これは基本的にノンネイティブも同じです。まず音をたくさん聞く、これは基本中の基本ですが、日本人はこの聞く量が圧倒的に足りていません。耳が育つ前に文字(特にローマ字)が導入されるので、どうしても音より文字に頼ってしまう傾向が強いです。中学校の教科書をみると、いきなり月名や数字、曜日など、ネイティブの子供がよく間違えるようなスペルを覚えさせられますが、それらを書けて読める生徒はいても、ちゃんと発音できる生徒は極々わずかです。ちなみに、文字の「読み・書き」は個人差がとても大きいです。生徒さんを観察していると、文字を読んだり書いたりする事が苦手な生徒さんは、文字ではなく耳を頼りにするので、発音がとてもきれかったりします。ネイティブのように発音できる生徒さんが、簡単なフレーズを読むのに苦労しているというケースは珍しくありません。

 

発音矯正の本等を見ていると、口の開け方や発声の仕方、舌の位置関係などの説明がまず出てきます。これらはもちろん大事なのですが、一番大事なのはまず「聞く」事です。テキストの付属の音声等があれば、テキストを見る前に黙って「聞く」事。英語はピアノや他の楽器と同じように音感を身に付ける事がとても大切です。1~2週間くらい聞き込み、発音を真似してみてください。聞いた音が文字を見ずに再生出来始めたら、テキストを開いて文字と音を一致させる、この最後の段階で文字の力が生きてくるのです。当校では今年度より「BBカード」を導入しましたが(コロナ感染防止の観点から、ゲームで遊ぶ事は控えています)、文字は見せずに聞いた音をそのまま再現してもらいます。これは音感を鍛えるもので、意味や文字は後回しです。不思議な事にスラスラ発話でき始めると、意味がだんだん理解できるようになってきます。

 

英語には日本語にない音がたくさんあります。発音記号を学んだ方もいらっしゃるかもしれませんが、カタカナで「ア」の一文字だけで表せても、英語では10以上の音の出し方があります。発音記号があれば見分ける事ができますが、これらの記号をすべて暗記しなければならないとなると時間がいくらあっても足りません。でも音として何度も聞き耳で覚えると、発音記号を知らなくても、難しい母音の聞き分けもできるようになってきます。

 

英語の音をたくさん聞き、その音が再現できるようになってきたあたりから、ネイティブに発音チェックしてもらうと効果的です。日本人が苦手とする音はたくさんありますが、中でも子音の:

v,f, r, th, l,s 等はよく間違っているように思います。細かい発音は気にしなくていいと思いますが、これらの子音は間違えると全然違う意味になったり、通じながったりするので、意識的に矯正した方がいいです。

基本的な発音の基礎ができれば、あとは多聴・多読などの実践を積む事によって発音が自然に上達していきます。

聞いて、真似て、直して、実践

この順序を忘れないように英語の発音練習を楽しんでみてください!

本当に必要?小学校のローマ字学習

 

 

 

長かったSTAY HOME, 溜まりにたまった学校からの課題、半ば親子で泣きそうになった日もありました・・

 

うちの長女は小学校3年生ですが、多大な課題の1つにローマ字練習がありました。英語を先に学んだ長女にとっては、疑問だらけのローマ字。「これは英語じゃなくて日本語だよ」と強く念を押しておきましたが、納得のいかない様子。

 

このローマ字学習、問題点が2つ浮かび上がってきます。

 

第1の問題点は、「訓令式」と「ヘボン式」が混在しているという事。ローマ字学習はそもそも英語ではなく「国語」として学習します。ローマ字は人名や地名を書くためにあるのではなく,日本語の文章を書くためにあります。つまり,ローマ字は日本語の表記法のひとつです。小学校で学習するこうしたローマ字は「訓令式」となります。

 

一方、一般に使われているのは「ヘボン式ローマ字」。これは外国人にも日本の固有名詞や名前が発音しやすいように考えられたものです。パスポートに記載する名前や、コンピューターの入力もすべてヘボン式となります。では、小学校で頑張って学習する「訓令式」はいつ使うのでしょうか? はっきり言って小3の興味津々でせっかく勉強した訓令式は、ほぼ一生使うことはありません。

では、訓令式とヘボン式で大きく違うところは、というと、

 

訓令式 ヘボン式
サ行 si shi
タ行 ti , tu chi,   tsu
ハ行 hu fu

 

ア行~ンまででは、この4文字が違うだけなので(+拗音もありますが)

初めからヘボン式を教えていった方がよっぽど効率的だし、お子さんにとっても負担が少ないはずです。国語の観点から訓令式を教える理由もあるのは分かりますが、この際、一生使うことの無い訓令式は、きっぱりと止めて、最初からヘボン式に統一した方が良いのでは、と思います。

 

第2の問題は、日本語発音が刷り込まれるという事。

 

小学校3年生くらいから、生徒さんの発音に変化が見られ始めます。英語らしいきれいな発音がカタカナ英語になっていくのがこの時期からです。これは、ローマ字教育が大きく影響しているように思います。語学の基本は「音」。語学は音から入る事は鉄則です。私自身、新しい外国語を学ぶ時いつも最初にやる事は、文字は見ずに付属の音声を「音楽」と思ってひたすら聞き流しする(毎日約3時間)。どの言語も音素数は数十個程度なので、1か月もすれば、ほとんどの音を耳が識別し、近い発音ができるようになっています。文字は後回しです。なぜ音声の聴き込みを最初にやるかというと、一度、「文字」学習を始めてしまうと、スペルに引っ張られたり、意味を考えてしまい、純粋に音として聞くことができなくなるからです。文字を学ぶ前に、その言語の「音」だけを大量にインプットし、耳を育てる。幼児の言語習得プロセスと同じです。

でもローマ字を刷り込まれる事によって、英語の音を日本語で探そうとします。初めて英語に触れるお子さんにとっては、ローマ字=英語という間違った考えが植え付けられていきます。そうなると、これからの英語学習が本当に大変になってきます。

 

ローマ字は日本語を英語表記にするには便利なツールかもしれませんが、それだけの為に予想される犠牲の大きさを考えると、ローマ字学習って本当に必要?と疑問に思ってしまいます。英語が定着した後にローマ字を学習した方が、混乱がなくてよいような気もします。

【重要】オンラインクラス受講に関するお願い

オンライン授業を受講される方へ

 

安全に楽しくオンラインを受講していただくために、いくつかのお願いがございます。

初めは難しく感じるかもしれませんが、慣れれば簡単です!この機会に便利なツールを利用してみて下さい。

 

① セキュリティーの為、会員限定の「会員限定ログインページ」ページよりご入室下さい。パスワードは、自宅学習マニュアルに掲載しております、多読アプリ「Razkids」のteacher’s nameと同じです。分からない方はご連絡下さい。

 

パスワード ↓

 

ark※※※※※※※0

 

② ミーティングID、パスワードは毎日更新します。授業にログインする時は必ず「会員限定ログインページ」からご確認下さい。

 

③ リンク先は3つあります。

 

バギー先生と眞由美先生のクラス(南ウッディタウン駅前教室)

クリストファー先生のクラス(あかしあ台教室)

育子先生のクラス(あかしあ台教室)

 

④ 名前の部分にはお子さんの名前のみをローマ字で入力下さい。

 

⑤ クラスへの入室は生徒さんのみになります。授業開始5分前には待機ルームでお待ち下さい。生徒さんのお名前が確認でき次第、入室を許可させていただきます。

 

⑥ 授業開始5分後には、教室に鍵をかけます。もし授業に遅れる事などあればご連絡下さい。

 

⑦ 日本人スタッフも入室しサポートさせていただきます。

 

⑧ 授業に集中できるよう、できるだけ家庭内の音(泣き声など)がマイクに入らないよう気を付けていただければ助かります

⑨ 何らかの事情でオンラインクラスに参加できなかった場合、同レベルのクラスに振替ができますので、振替をご希望の方は必ずご連絡下さい。

自宅学習マニュアル追加キッズ④+ 

マニュアルの追加です。

木曜日 午後5時45分からのキッズ④+の自宅学習マニュアルです。

こちらのクラスの生徒さんは、特に多読・多書に挑戦してみて下さい。

※「TAGAKI 1」となっていますが、「TAGAKI2」にご訂正下さい。

キッズ④+ → キッズ④+

自宅学習マニュアル

コロナ緊急対策といたしまして、休校になった場合の自宅学習マニュアルを制作しました。

週に1度のオンライン授業の他に、YOUTUBEやアプリ等を使って毎日すこしずつ英語が学習できるアイディアをご紹介させていただきます。ぜひご活用下さい。

英語の多読アプリは、休校が始まり次第利用できるよう設定しておりますが、他のリンクはいつでもご利用下さい。多読アプリのアカウント使用に必要な「teacher’s name」はお手紙でご確認下さい。アプリの使用方法はこちらでご確認下さい。→ ラズキッズログイン情報

 

 

また、オンライン授業はZOOMを使用します。ミーティングIDはホームページでご案内させていただきます。

 

 

スーパートドラー→ スーパートドラー

スーパーキッズー → スーパーキッズ

キッズ①→ キッズ①

キッズ①+ → キッズ①+

キッズ② → キッズ②

キッズ②+ → キッズ②+

キッズ③ → キッズ③

キッズ③+ → キッズ③+

キッズ④ → キッズ④

キッズ④+ → キッズ④+

中学生クラス、成人クラスに関しては後日ご連絡させていただきます。

 

コロナ緊急対策(自宅学習サポート)

新学期は予定通り4月7日より開始する予定です。

三田市の方針を参考にしながら運営をしていきたいと思っていますが、休校を含む必要な措置が必要となった場合、オンライン授業へと移行する予定です。それに伴い、家庭学習サポートの一環として、多読アプリ「Razkids」を使用できるよう設定したいと思っています。

まずアプリをダウンロードしてください(無料)

PC

https://www.kidsa-z.com/main/Login

アップルストア

https://itunes.apple.com/app/learning-a-z/id474207297?mt=8

グーグルプレイ

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.learninga_z.onyourown

キンドルファイア

https://www.amazon.com/gp/product/B009KX1HDM

 

 

 

ログインの仕方はこちらでご確認下さい→Razkids ログインの仕方

クラス名・ボタン・パスワード情報はこちら→razkidsログイン情報

アークアカデミーのアカウントに入るためのパスワードはお手紙でお知らせいたします。

休校が決まり次第利用できるよう設定いたしますので、この機会にたくさん英語をインプットしてみて下さい。

 

バギー先生紹介

 

4月より南ウッディタウン駅前校はバギー先生が担当させていただきます。

バギー先生はケンドリック先生の前に駅前校を担当しておりましたので、覚えておられる方も多いと思います。

出産・育児の為休職中でしたが、この度再びアークで働いてもらえる事になりました。

実は、バギー先生、すでに公立の学校や別の英会話教室よりいくつかオファーがあったのですが、なんとか引き抜きに成功!!

優秀な先生なので、私達もほっとしています。コロナ騒動でバタバタの日が続いておりますので、アークの事をよく理解し、信頼できる先生に来てもらえる事は本当に救いでした。

バギー先生はとても勉強熱心。日本語検定に向けて日々学習に取り組んでいます。去年の三田国際交流主催の日本語スピーチコンテストでは、見事最優秀賞を受賞。

日本に来る前はシステムエンジニアの技術者として世界中の顧客と取引をする一方、子供達にダンスと英語を8年間指導していました。ちなみにバギー先生は5言語に堪能です。

子供が大好きなバギー先生、得意のクラフトやダンス、そして素敵な笑顔を通し、みなさんの英語学習をしっかりサポートしますので、新学期も楽しみにしていてくださいね!

ケンドリック先生より最後の挨拶

 

 

アークアカデミーの南ウッディタウン駅前校を担当させていただいたケンドリック先生が3月いっぱいで退職します。

4月からは、ウェブデザインの勉強をするため、再び学校に通う事になりました。

独特の感性を持ったケンドリック先生、専門的な技術と知識を身に付ける事によって、より社会に貢献できる人材として活躍される事だと思います。

お別れは寂しいですが、またイベント等のサポートをお願いしたいと思っています。皆さんも、ケンドリック先生を街中で見つけたら、ぜひ話しかけて下さいね!。とても喜ぶと思います。

下記の文はケンドリック先生からみなさんへの最後の挨拶です。

Hello everyone.

How are you? I hope you are all doing well, especially during the COVID-19 outbreak. I hope you are all staying safe and healthy.

I can’t believe it has already been 2 and a half years since I first started teaching at ARK ACADEMY! Time sure flies by. I remember quite well how nervous I was when I first met all the teachers, students, and the parents.

That nervousness quickly gave way though when I got to know everyone at ARK. ARK ACADEMY’s open and loving atmosphere, from the energetic and playful students and their caring families, to the ever-supportive staff, helped me create great relationships and become a much better teacher over the course of my stay.

I have had an absolutely wonderful time teaching at ARK ACADEMY. It has given me joy. It has helped me grow as a person. I have been truly blessed to have had this wonderful opportunity, and I will cherish every moment of my time at ARK forever.

Thank you everyone for a wonderful 2 and a half years!

3月11日

昨日の中学生クラス。もし願い事が叶うとするなら何を願うか?という問いに英語で答えてもらいました。かなり現実的な願いもありましたが(笑)、ある生徒さんの願いは「明日学校が始まって欲しい」とうものでした。

三田市でもこのコロナの騒動をうけて、急遽学校が卒業式・終業式まで休校になりました。学年末の大切な日々を、心の準備もなく奪われてしまい、学校の先生も子供達も、中途半端な気持ちがぬぐい切れないのではないかと想像します。

アークアカデミーも先週は緊急対策のため、すべてのクラスが休講となりましたが、計画していた授業や、年度最終月に向けての準備、3月で退会していく生徒さん達との限られた時間が奪われ、なんとも落ち着かない気持ちで長い長い1週間を過ごしました。また、私達の大好きな未就園児クラス(ベイビークラブ・育児サークル)は、すべてのクラスが3月いっぱい休講。苦渋の選択ではありました。今まで素晴らしいクラスを作り上げてくれた生徒さんや保護者様に、感謝の気持ちを表す事ができないまま年度が終了してしまい、寂しい気持ちでいっぱいになっています。

「普通の日常」が今となっては懐かしいですね。でも、非日常を経験してこそ「普通の日常」を有難く感じますし、毎日毎日を感謝して過ごしたいなと改めて思わされています。

今日は3月11日。9年前のこの日、突然「普通の日常」を奪われた人々の事を思っています。コロナも重大な問題ですが、レベル7の原子力災害が9年も続いていることの方がもっと深刻な問題なのかとも思います。9年間の間、不安と恐怖に耐えながら生きている人がまだたくさんいる事を、ついつい日常にのまれて忘れてしまいがちですが、今私達が経験している「非日常」がその事実を思い出させてくれています。自分はマスコミに陽動されて問題の優先順位を取り違えているのではないのかと自問しています。

コロナがもたらした「非日常」が、今も原子力災害のために苦しんでいる人々の気持ちに、ほんの少しだけ近づかせてくれたように思います。