最新情報

アークアカデミー通信12月号

 

 

アメリカの文化人類学者であるルース・ベネディクトの著書『菊と刀』には、日本人の国民性を研究したものが記されています。その中で彼女は、欧米では内面の良心を重視する(罪の文化)のに対し、日本は世間体や外聞といった他人の視線を気にする(恥の文化)と考察しました。日本人の行動を規制するのは内なる良心ではなく、人の目(世間)であると記されています。どちらの文化が良いとか悪いとかいう問題ではなく、自分が背負っている文化を客観的に評価することによって、なるほど!と納得がいくことがよくあります。

例えばある調査では、「マスクが外せない」理由は科学的根拠より、人の目が気になるからと答えた人が75%だったそうです。中高生では、自分の素顔を見せる事自体が恥ずかしくてしょうがない、と感じている子供達が増えているそうです。多数派の意見や方向に従う事が「正義」という暗黙の空気が満ちている、そんな気さえします。

この恥の文化は、ひょっとして日本人の英語習得は阻む要因にもなっているのではないかな~と思う事がしばしばあります。とにかく間違う事が心理的に重いというか、耐えられないというか・・・特に英語ビギナーにその傾向が強く見られるように思います。「恥」の感情にとらわれてしまうんです。実は私自身もそうでした。私たちは偏差値教育の中で英語を学ぶことをほとんど制度的に強要されてきたので、無意識のうちに「人と自分の英語を比べる」ことをしてしまい、「間違いはダメな事」だと刷り込まれているのです。

逆に、英語上級者は、自分はまだまだ英語ができないという、ありのままの自分を認め、素直に学べる人が多いような気がします。なので伸びしろが大きいのが特徴です。

結局「恥」って自意識過剰によるもの。自分は自分、他人は他人という、健全な個人主義もバランスよく養っていきたいものですね。

アークアカデミー通信12月号ができております。下記のアイコンをクリックし、ダウンロードをしてご覧ください。

 

 

アークアカデミー通信12月号HP

クリスマスパーティのお知らせ

今年もクリスマスパーティ(小学生対象)を企画しています!

1965年にリリースされてからず~とアメリカンキッズに愛され続けている短編英語”Charlie Brown Christmas”の鑑賞、ゲームやクラフト、そしてプレゼント交換やクリスマスソング等、英語で楽しくクリスマスをお祝いしましょう。

 

日時 12月11日(日)

午前の部: 10:00~11:30

午後の部:  14:00~15:30

参加費 500
場所 あかしあ台教室
持ち物 水筒

● 500円程度のプレゼントをラッピングして持ってきてください。

 

  • プレゼントはお菓子以外で、男女兼用で楽しめるものをお選びください。
  • 場所はあかしあ台教室になりますので、お迎えはお車以外でお願いします
  • アークの生徒さん以外の申し込みは12月以降となります。
  • 予約ページで予約をされた後、下記の申込用紙に必要事項をご記入の上、参加費500円と一緒にアークの先生にお渡しください。
  • 申込用紙→クリスマス会申込用紙

 

皆さんとクリスマスをお祝いできる事を心より楽しみにしております!奮ってご参加ください。

※クリスマスの会費は経費の一部を除き、すべて食料危機で苦しむスーダンの人々に寄付させていただきます。

アークアカデミー通信11月号

 

 

先月、小学高学年クラスをクリストファー先生が不在の間代講させていただきましたが、10歳前後の子供の脳のしなやかさに感心しっぱなしでした。

小学校高学年くらいになると、驚くほど理解力が伸びます。テキストの開けたページで一番長い単語を20秒で覚えて、見本を見ずに書く、なんていう作業もしましたが、フォニックスの基礎が入っているので、暗記をしなくてもスラスラ書けるし(書いた単語はhippopotamus) 、教科書の文章(4~5センテンス)を2分で暗記し暗唱するという作業も、ものすごい集中力で取り組む事ができています。このレベルになると、会話のキャッチボールが楽しめるようになり、「英会話」らしくなってきますね~。

英語の低年齢化が進み、小さい頃から英語を始めるお子さんが増えてきましたが、それと同時に小学高学年くらいから塾等で忙しくなり、「英会話」を辞めてしまうお子さんも以前より増えてきたように思います。しょうがない事だとは思いつつも、もったいないな~という気持ちでいっぱいにもなります。テストが目的の学習に移行するにつれて、正解・不正解の2元的価値観を植え付けるというか、あんなに自由に発言していた子供が、間違いに対して異常なまでの恐れを感じるようになり、急に会話ができなくなります。正しい答えでないと恥ずかしくてしょうがない、そんな感じなんです。経験的には、テスト中心で「正しい答え」を覚えこまされた人って、英検1級レベルでも使える英語にほど遠いケースが多いように思います。

若い時こそ小さな間違いをたくさんして、免疫力をつけていく絶好のチャンス。大人の役割は、子供が安心して間違いを経験できるセーフティーネットを張り巡らすこと。英語学習に限らず、子供のうちに子供らしい間違いをたくさん経験して、本当の試練に直面した時に、立ち向かう事ができるしぶとい精神を育んでほしいと願う毎日です。

アークアカデミー通信11月号ができております。

下記のリンクをクリックし、ダウンロードをしてご覧ください。

アークアカデミー通信11月号HP

 

 

ハロウィン無料イベント

 

予約ページ→予約カレンダー (airreserve.net)

 

ハロウィンのイベント(無料)のお知らせです!

今年はエルムプラザで簡単なTrick or Treatを楽しむイベントを企画しています。

楽しい衣装を着てクイズに答える事ができれば、お菓子がもらえるかも・・・

インスタグラム用の写真ブースもありますよ。

今年のハロウィンはエルムプラザで楽しみましょう!!

●    日時 10月30日(日)

1部:午前11時~

2部:午後2時10分~

●    定員 各25名
●    集合場所 エルムプラザ1階にある平野薬局前
●    申込締め切り 10月28日(木)

 

  • 予約ページよりご予約ください。予約の際は、参加するお子さんの人数をご記入ください。定員になり次第締め切りとさていただきます。
  • Trick or Treatは15分~20分です。現地解散となりますので、イベント後はエルムプラザの秋祭りをお楽しみください。
  • 衣装をつけてご参加ください。
  • 小学生低学年以下のお子さんは必ず保護者同伴でお願いします。密を避けるため、Trick or Treat の際はお子さん1名につき、同伴者も1名でお願いします。
  • アークの会員以外でも参加可能です。お友達を誘ってくださいね!

予約ページ→予約カレンダー (airreserve.net)

アークアカデミー通信10月号

 

やる気スイッチみたいなCMがあるようなのですが、「やる気スイッチ」って本当にあるのでしょうか?

保護者の方からも、うちの子にやる気を出させるにはどうしたらよいですか、というような質問を受ける事がありますが、東京大学の池谷裕二先生によると「やる気」は存在しない事が科学的に証明されているそうです。やる気は行動を起こす要因でなく結果。やり始めない限り、いつまでもやる気は出ません。

皆さんも心当たりがあるのではないでしょうか?家の掃除や草取り、やる気が出るまで待っていたら、いつまでたっても始まりません(笑)。でもいざ始めると、10分のつもりが1時間も作業に熱中していたり、掃除だけでは物足りず、部屋の模様替えや断捨離にまで発展したり・・

どうも「やる気」というものは「やる気」のない人間によって作り出された虚構のようです。まずは行動する事で結果が伴ってくるようで、私達の感情や気分の起点になるのは、脳ではなく身体なんです。例えば、「楽しい」から「笑う」行動が出ると思われていますが、これも本来は「笑顔をつくる」と「楽しくなる」そうです。例えば、胸をはって歩く、ガッツポーズをしてみるといった行動を起こすことによって自信や達成感といった「気分」が生じます。

そもそも脳にスイッチを入れるのは身体。まずは身体を動かさない限りスイッチは入りません。これは作業興奮というもので、脳からドーパミンが分泌されるそうです。「さあ、やるぞ!」と考えても「頑張って」と応援されてもドーパミンは出てこないのです。怒られても褒められても、気持ちの動きではやる気は生まれないのです。ドーパミンを出す方法は一つだけで、それは具体的に動くこと、作業することなのです。学校の先生で、「お前はやる気が足りない!」なんて頭ごなしに怒鳴りつける先生が昔はいましたが、ないものを出せという方が無理な話ですよね。今から思えばあれはパワハラだったな・・・

「継続」という事が大前提の語学学習に取り組む上で、この事実を知っているととても役に立ちます。「やる気」がでなくても、感情ではなくまずは行動する事が大事だと知っているだけでも、習慣化への近道となると思いますよ。

アークアカデミー通信10月号ができております。

下記のアイコンをクリックし、ダウンロードをしてご覧ください。

 

アークアカデミー通信10月号HP

秋の生徒募集キャンペーン

 

秋の生徒募集キャンペーンが始まりました!

今なら入会金無料(通常5500円)、年会費は3300円(通常5500円)となります。

英語に興味がある、そう思い始めた頃が習い時。まずは無料体験をお試しください!

 

 

英検Jr実施のお知らせ

親御さんたちは、「うちの子英語を習っているけれど、どのくらいわかっているのかしら・・・。」と心配になる事があるかと思います。また、お子さんも1年前と比べてどれだけ上達しているか、自分自身ではなかなかわかりにくいと思います。

英語の習得は1年や2年といった物差しではなく、これから一生つきあっていくものだと覚悟(?)した方がいいと思いますが、何か目標があれば子供も頑張れるし、また、よいスコアが取れれば自分に自信がつきますね!アークアカデミーでは、英検Jr.試験を毎年秋に開催しており、生徒達のやる気をアップするお手伝いをさせていただいています。

テストはCDを使ったリスニングテストとなります。ブロンズ・シルバー・ゴールドとグレードが分かれており、お子さんのレベルに合わせて受験していただきます。この3つのグレード分けの基準は英検Jrのパンフレットをご参考ください。

未就学児や小学校低学年生の受験の場合、英語の実力以前に、問題の意味が理解できる・座って30分間集中することができる・回答の仕方が分かる、鉛筆が持てる等、受験にあたっての基本的な技術が要求されますので、まず担当の日本人スタッフにご相談されることをお勧めします。

英検Jrを初めて受講される方は、参考書や英検JRのホームページ等でテストの傾向を確認してみてくださいね!

 

試験日 11月6日(日)
申込締切日 10月5日(水)
試験会場 南ウッディタウン駅前校
費用 英検Jrのパンフレットをご参照ください
時間 ★ ブロンズ 10:00~10:30

★ シルバー 10:45~11:20

★ ゴールド 11:35~12:20

サマースクール残1席!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~」
いよいよ来週からイングリッシュサマースクールがスタートします!
スタッフ一同、どきどきわくわくしながら準備を進めています。
キャンセルが発生しましたので、あと1名参加者を再募集します。
スクールにメールか電話で直接お問い合わせください。
皆さんと過ごす「ポケモンサマー」を心より楽しみにしています!!

夏休みスポット入会のお知らせ

 

 

夏休みだけ英会話教室に通ってみたい、三田に帰省中の間に英語に触れてみたい、そんな方にお勧めのスポット入会制度。

費用は通常のお月謝のみで、入会金・年間費・テキスト代などすべて無料。面倒な手続きもございません。

お友達や親戚の方で、夏休みの間だけ英語学習をしてみたいと思われる方がいらっしゃいましたら、ぜひスポット入会をご紹介下さい。しつこい勧誘(笑)などいっさいございませんので、ご安心下さいね!

興味がある方はペイトン初穂までお問合せ下さい

アークアカデミー通信7月号

思想家の内田樹さんはある講演会で、「読解力というのは目の前にある文章に一意的な解釈を下すことを自制する、解釈を手控えて、一時的に「宙吊りにできる」能力のことではないか」という事を述べられていました。

読解力って、文法的な知識の量で測られるものではないし、語彙力を増やせば、すべての文章が読めるようになるというものでもありません。私が英語の多読を始めた当初、わからない単語があるといちいちそこで止まっていました。そこから先に進めなくなるのです。単語の意味が気になって仕方ない。ある文章に一箇所だけ意味が曖昧な部分があるだけで、もう先に進めなくなってしまうんです。英語で会話をしているときも同じ。知らない単語が出てきた時点で頭の中が真っ白になり、相手と目を合わすのも怖くなり、愛想笑いをしながらも、なんとも悔しい思いに駆られたものです。

けれど、英語の意味のわからない文章をたくさん読んだりしていると「意味」というのは往々にして「あとから分かってくるもの」だということが少しずつ分かってくるようになりました。また、会話中にわからない単語が出てきても、相手の表情や前後の関係で会話全体の意味がつかめるようになりました。

この読解力って、「生きる力」とお置き換える事ができるように思います。人生においてわけの分からない不快な事や想定外の事、自分の知的枠組みの中では対処しきれない事って必ず起こるものです。頭の中がまっしろになり立ち竦むこともあるでしょう。特に文明の恩恵にどっぷり浸かりながら生きている私達にとって「想定外」の事を想定する想像力が欠けているよにも思います。小さなバックパックを背負ってアフリカを旅した事がありますが、旅をしていると想定外の事ばかりです。というか想定外の事しか起こりません。この想定外の事に出くわしたとき、経験やら知識やら本能やらを総動員させ、その時々で最善な選択を模索してくしかないのです。そしてず~と後になって、人生の枠組みの中でそれらの想定外の事柄を思い返した時、まるでパズルのピースのように重なって、完成された絵がやっと見え始めるものだと思います。

大学入試テストでは、どの教科も読解力が試されるようですが、「答え探し」に終わるのではなく、自分の知的枠組みをいったん壊し、もっと包容力のある枠組みを採用するという孤独な過程を楽しめる事がでいるといいですね。

アークアカデミー通信7月号ができております。

下記のアイコンをクリックし、ダウウンロードをしてご覧ください。

 

 

アークアカデミー通信7月号HP