長かったSTAY HOME, 溜まりにたまった学校からの課題、半ば親子で泣きそうになった日もありました・・

 

うちの長女は小学校3年生ですが、多大な課題の1つにローマ字練習がありました。英語を先に学んだ長女にとっては、疑問だらけのローマ字。「これは英語じゃなくて日本語だよ」と強く念を押しておきましたが、納得のいかない様子。

 

このローマ字学習、問題点が2つ浮かび上がってきます。

 

第1の問題点は、「訓令式」と「ヘボン式」が混在しているという事。ローマ字学習はそもそも英語ではなく「国語」として学習します。ローマ字は人名や地名を書くためにあるのではなく,日本語の文章を書くためにあります。つまり,ローマ字は日本語の表記法のひとつです。小学校で学習するこうしたローマ字は「訓令式」となります。

 

一方、一般に使われているのは「ヘボン式ローマ字」。これは外国人にも日本の固有名詞や名前が発音しやすいように考えられたものです。パスポートに記載する名前や、コンピューターの入力もすべてヘボン式となります。では、小学校で頑張って学習する「訓令式」はいつ使うのでしょうか? はっきり言って小3の興味津々でせっかく勉強した訓令式は、ほぼ一生使うことはありません。

では、訓令式とヘボン式で大きく違うところは、というと、

 

訓令式 ヘボン式
サ行 si shi
タ行 ti , tu chi,   tsu
ハ行 hu fu

 

ア行~ンまででは、この4文字が違うだけなので(+拗音もありますが)

初めからヘボン式を教えていった方がよっぽど効率的だし、お子さんにとっても負担が少ないはずです。国語の観点から訓令式を教える理由もあるのは分かりますが、この際、一生使うことの無い訓令式は、きっぱりと止めて、最初からヘボン式に統一した方が良いのでは、と思います。

 

第2の問題は、日本語発音が刷り込まれるという事。

 

小学校3年生くらいから、生徒さんの発音に変化が見られ始めます。英語らしいきれいな発音がカタカナ英語になっていくのがこの時期からです。これは、ローマ字教育が大きく影響しているように思います。語学の基本は「音」。語学は音から入る事は鉄則です。私自身、新しい外国語を学ぶ時いつも最初にやる事は、文字は見ずに付属の音声を「音楽」と思ってひたすら聞き流しする(毎日約3時間)。どの言語も音素数は数十個程度なので、1か月もすれば、ほとんどの音を耳が識別し、近い発音ができるようになっています。文字は後回しです。なぜ音声の聴き込みを最初にやるかというと、一度、「文字」学習を始めてしまうと、スペルに引っ張られたり、意味を考えてしまい、純粋に音として聞くことができなくなるからです。文字を学ぶ前に、その言語の「音」だけを大量にインプットし、耳を育てる。幼児の言語習得プロセスと同じです。

でもローマ字を刷り込まれる事によって、英語の音を日本語で探そうとします。初めて英語に触れるお子さんにとっては、ローマ字=英語という間違った考えが植え付けられていきます。そうなると、これからの英語学習が本当に大変になってきます。

 

ローマ字は日本語を英語表記にするには便利なツールかもしれませんが、それだけの為に予想される犠牲の大きさを考えると、ローマ字学習って本当に必要?と疑問に思ってしまいます。英語が定着した後にローマ字を学習した方が、混乱がなくてよいような気もします。